headimg

住宅改修費の支給について

住宅改修費 支給の流れ

介護保険の住宅改修費の支給対象種類

  • 1 手すりの取付け
  • 2 段差の解消
  • 3 滑りの防止及び移動の円滑化等のための床又は通路面の材料の変更
  • 4 引き戸等への扉の取替え
  • 5 洋式便器等への便器の取替え
  •    その他1〜5の住宅改修に付帯して必要となる住宅改修
※詳細はこちらからご確認ください。
 >>「住宅改修費の支給対象種類」
 
支給対象者
要介護認定によって要支援1〜要介護5と認定された方。

支給限度基準額
改修に要した費用として上限20万円
例えば改修に要した費用が20万円の場合、そのうち9割(18万円)または、一定以上の所得者(※)は2015年8月より8割(16万円)が保険で支給され、自己負担は1割(2万円)または2割(4万円)となります。 

上限金額を超えた場合は、超えた部分の費用は全額自己負担となります。

※一定以上の所得者についてはこちら


住宅改修から住宅改修費支給までの流れ


お客様よりフロンティアへ、工事のご相談。
住宅改修プランの検討後、お見積もりを提示。
お客様よりフロンティアへ、工事の発注・契約。
各市区町村の窓口に事前申請。
施工・引き渡し。
工事完了後、お客様からフロンティアへ全額(10割)お支払い。
(償還払い)
各市区町村の窓口に申請。
各市区町村より、お客様の指定口座へお支払い金額の9割または一定以上の所得者(※)は2015年8月より8割を払い戻し。(支給限度基準額内に限る)
市区町村により、申請方法やお支払い方法が異なる場合がございますので、当社までお問い合わせください。

※一定以上の所得者についてはこちら