headimg

かかりつけ薬剤師の役割

かかりつけ薬剤師はお決まりですか?

私たちは、患者様がお薬を安全に、また継続的に使用していただくため、お薬をお渡しする際に服用状況や体質など服薬と健康管理に必要な情報をお伺いし、薬剤服用歴簿(お薬のカルテ)に記録しています。
この記録は、患者様の処方せんを受け付けた時、副作用を未然に防いだり、一般薬やサプリメントなどの飲み合わせに対し適切なアドバイスをするのに役立てています。

また別々の医師から処方されたお薬で、成分が重なっていたり、一緒に服用するとお薬の作用が変わったり、副作用が出やすくなるような場合には、かかりつけ薬剤師が、医師に相談し、有効で安全な服薬ができるように案内もいたします。
かかりつけ薬剤師を決めておけば、お薬や体調について相談できて安心です。ぜひ、かかりつけ薬剤師を決めておきましょう。

私たちは、かかりつけ薬剤師として患者様の健康をサポートします
お薬でこのような不安なことありませんか? かかりつけ薬剤師がご相談にのります!!
他のお薬、健康食品との飲み合わせが不安 さまざまな飲み合わせを確認しお薬手帳で適切に管理します。
何に効くお薬かわからない 24時間ご相談が可能です
お薬の管理が難しい 残薬の整理をします
副作用が心配 薬剤服用歴による適切な管理を行っています
ついつい飲み忘れてしまう 患者様の服薬状況を適切に確認します
お薬が飲みにくい 剤形変更のご相談にのります

薬局への訪問が困難ではないですか?

薬局への訪問が困難ではないですか?

薬局への来店が難しい患者様のご自宅や施設に薬剤師が訪問し、処方せんによるお薬をお届けします。
訪問時は、正しい服用方法や服用状況の確認、副作用のチェックやご質問への回答など、より健康で質の高い在宅療養が行えるようサポートし、訪問時にお聞きした内容は処方医師にも報告し連携をはかります。

薬剤師が訪問することで、患者様の生活環境や残薬などを正確に把握することができ、ご本人・ご家族の負担や不安が少しでも取り除ければと心がけています。
また、在宅で療養する患者様の飲み忘れや飲み間違いを軽減するため、朝食後に飲むもの、昼食後に飲むものなどが一目でわかるよう、医師の処方にあわせて一包にまとめたお薬をお渡しするように積極的に取り組んでいます。

お薬手帳はお持ちですか?

お薬手帳はお持ちですか?

お薬手帳とは、一人ひとりの服用しているお薬の名前や量、服用方法、注意することなどを記録する手帳です。
お薬についてわからないことや、気になることだけでなく、市販のお薬、サプリメントなどを飲んだときもメモを忘れないようにしましょう。お薬によるアレルギーや副作用の経験、お薬の効き目などもぜひ書いておくようにしてください。

お薬手帳を活用することで、他の医療機関で同じお薬、相性のよくないお薬をもらっていないか、そのお薬に対する副作用はないかなどを確認することができ、副作用を未然に防ぎ、自分に合ったお薬を使用することができます。

【 万が一のために 】
旅行や災害、夜間や救急など、急に体調が悪くなった場合でもお薬手帳を持っていれば、自分のお薬の情報を正確に伝えることができます。

お薬手帳は、病院や歯科、薬局へ行く際には、毎回必ず持っていきましょう。

お薬が残っていたら整理しませんか?

日本でも、昨今、高齢者宅からお薬が大量に見つかる事例が報道されています。いわゆる「残薬」と呼ばれ、お薬の種類が多い場合など適切に服用できない、また容態が変わった時など、更にお薬が増え、よく判らなくなってしまい残っていくという状況です。
国の試算では、年400億円を超えるとの推計もあり、近年、薬剤師がお薬を整理し、医師に相談し調整する試みが広がっています。

私たち、フロンティア薬局では、地域包括ケアの取組みの中で、地域に根差したサービスの一つとして、自宅に残っているお薬を薬局に持参してもらい残薬を整理し、引き続き安全に安心して使っていただけるように、積極的に取り組んでいます。お薬がご自宅に残っていませんか?

何に効くお薬か分からない ついつい飲み忘れてしまう お薬の管理が難しい