headimg

福祉用具購入費の支給について

介護保険の福祉用具購入費の対象となる福祉用具は全5種目

お体の状態や生活環境に応じてお選びいただけます。

  1. 腰掛便座
  2. 自動排泄処理装置の交換可能部品
  3. 入浴補助用具
  4. 簡易浴槽
  5. 移動用リフトのつり具の部分

※詳細はこちらからご確認ください。 >>「福祉用具購入費の支給対象種目」

支給対象者

要介護認定によって要支援1〜要介護5と認定された方。


支給限度基準額

毎年4月からの1年間で上限10万円。
例えば購入に要した費用が10万円の場合、そのうち9割(9万円)または、一定以上の所得者(※)は2015年8月より8割(8万円)が保険で支給され、自己負担は1割(1万円)または、2割(2万円)となります。
上限を超えた場合は、超えた部分の費用は全額自己負担となります。

※一定以上の所得者についてはこちら


購入から福祉用具購入費支給までの流れ

必要な福祉用具を選びます。

お客様からフロンティアへ全額(10割)お支払いの上、ご購入いただきます。
(償還払い)

フロンティアより、領収書および商品カタログ(もしくはコピー)をお渡しします。

各市区町村の窓口へ申請。

市区町村よりお客様のご指定口座へお支払い金額の9割または、一定以上の所得者(※)は2015年8月より8割が払い戻されます。
(支給限度基準額内に限る)

市区町村により、申請方法やお支払い方法が異なる場合がございますので、当社までお問い合わせください。

※一定以上の所得者についてはこちら