headimg

住宅改修をする前に

フロンティアでは、専門的な知識や経験をつんだスタッフが、皆様の住宅改修をサポートします。人は、一人ひとり体格も違えば力の入れ方も違います。歩き方や立ち座りの方法なども異なります。介護される方に最適な、そして自立を促せる安全な改修が必要です
また、お客様の身体状況が変化してゆくことも考慮することが大切です。
私たちは、プロの視点でしっかり見極めた提案や身体状況の変化を見据えたプランを作成し、お客様と十分相談をしながら施工を進めます。

住宅改修をするときのポイント

1)住宅改修の目的を明確にする
住宅改修をすることで、最優先で実現したいことは何かを明確にすることが大切です。
2)家の中で困っていることを明確にする
家の中でどんなことに困っているか、どんな時に動きにくいと感じているかを明確にすることが大切です。
3)一人で生活をしていますか?
一人で生活をしている場合と、ご家族との同居の場合とでは改修も変わってきます。家族と一緒に生活をしているのなら、改修した設備が必要ない家族にとって、邪魔にならない工夫も必要です。
4)専門家のアドバイスを受ける
ケアマネジャーに相談したり、住環境福祉コーディネーターなどの専門家のアドバイスを受け、どうしたいかをはっきり伝え、改修の内容や時期を検討しましょう。
5)実績のある専門業者を選ぶ
介護を目的とした住宅改修は、バリアフリーを例にとっても、ただ段差をなくせばよいというものではありません。高齢者向けの住宅改修に慣れている専門業者を選ぶことが大切です。

住宅改修で得られる効果とは

1)自立度をアップさせる
高齢になって体が不自由になっても、できる限り自分のことは自分でしたいと考えている方が多くいらっしゃいます。住宅改修は、住まいの使い勝手を見直すことで、自立度がアップする大きな力になります。
2)介助者の負担を軽減する
バリアフリーや間取りを変えて移動しやすくすることで介助者の負担もずいぶん軽減できるようになります。
3)家庭内の事故を予防する
高齢者の家庭内での「転倒」による打撲や骨折は意外に多いものです。屋内を安全に移動しやすくしたり、事故の原因となるものを事前に改善することで、家庭内での事故を未然に防ぐことができます。

介護保険を利用しましょう

『住宅改修費の支給を受ける』
>>『住宅改修費の支給』についての詳細はこちら
『住宅改修費の支給対象種類』
介護保険制度を利用して住宅改修をする場合、その対象工事が決められています。
>>『住宅改修費の支給対象種類』についての詳細はこちら